PR

愛犬へのメッセージを英語で伝えよう

気持ち・感情

今回は、「愛犬へのメッセージを伝える英語」です。

愛犬に贈る言葉をさっそく見ていきましょう。

愛犬へのメッセージ 英語名言集(日本語訳付き)

“I think dogs are the most amazing creatures; they give unconditional love. For me, they are the role model for being alive.” – Gilda Radner

「犬は最も驚くべき生き物だと思います。犬は無条件の愛を与えてくれます。私にとっては、犬は生きていることへの模範となるものです。」

犬への素晴らしさと愛が語られ、犬が人間に従うのでなく逆に模範になるという敬意のこめられた言葉です。


“Dogs are not our whole life, but they make our lives whole.” – Roger Caras

「犬たちは私たちの生活の全てではありません。しかしながら、私たちの生活を豊かなものにしてくれます。」

私たちには愛犬と過ごすこと以外にもやるべきことや考えるべきことが沢山ありますが、愛犬と過ごす時間はとても有意義で満ち足りた時間です。そういった気持ちにさせてくれる愛犬を心から大切にしたいと思うし、そう思わせてくれるのも愛犬の存在があるからこそだと思います。

 


“My idea of absolute happiness is to be in bed on a rainy day with my blankie, my cat, and my dog.” – Anne Lamott

「わたしの考える最高の幸せって、雨の日にベッドで、猫と犬と一緒にお気に入りの毛布にくるまれることなの。」

我が家の犬も一緒に寝るのが大好きで、私が寝ていると必ず一緒に布団の中に入ってこようとします。うとうとしている姿を寝ながらみていると、安心しきっている姿がとても愛おしく見えこの時間を大切にしようと思えます。毎日の些細なことですが、これが一番幸せな時間です。


“A dog will teach you unconditional love. If you have that in your life, things won’t be too hard.” – Robert Wagner

「犬は無条件の愛を教えてくれる。あなたの生活の中に犬がいれば、物事はそんなに難しいことではないだろう。」

この言葉を目にしたとき犬が一緒ならどんなことでも乗り越えられる気持ちになれました。


“Before you get a dog, you can’t quite imagine what living with one might be like. Afterward, you can’t imagine living any other way.” – Caroline Knapp

「あなたが犬を飼う前は、犬との生活がどんなものであるかは全く想像できない。犬を飼った後は、それ以外の生活を想像することはできない。」

その通り!なんて素敵な言葉なのだろうと思わず拍手したい気持ちです。愛犬家の思いを正に代弁しています。


“Did you know that there are over 300 words for love in canine?” – Gabrielle Zevin

「犬の言葉には愛を表す言葉が300以上もあるって知っていましたか?」

犬は言葉を話さないというけれど、理解できる人にとって、犬の愛情表現は無限だということ。
犬は感情の表現がとてもストレートで分かりやすいところが可愛いです。


“Everyone thinks they have the best dog. And none of them are wrong.” – W.R. Purche

「皆が、自分が一番素敵な犬を飼っていると思っている。そして誰も間違っていない。」

犬を飼っている人にとって、自分の犬が一番だということ。
「親バカ」という言葉があるが、「犬バカ」という言葉もあるのだろう。
犬も可愛いが、溺愛する飼い主も可愛いと思う。


“If your child is born, have a dog.
When he is a baby, it will protect him well.
When he is a young child, it will play with him well.
When he is a boy, it will understand him well.
And when he grows big, it will die earlier.
But it will teach him sadness of death and value of life by means of itself’s death.”

「子供が生まれたら犬を飼いなさい
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう
そして子供が青年になった時、自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう」

犬と一緒に人間が成長することは、その子の人生に大きな影響を与え、素晴らしい時間を過ごせるのだなと思いました。


“It’s the time you spent on your rose that makes your rose so important.” – Antonie de Saint-Exupery, The Little Prince

「バラを重要なものにするのは、あなたがバラのために費やした時間である。(直訳です)」

この一節は、星の王子さまが彼の星にある唯一のバラにかける時間と愛情が、そのバラを彼にとってとても大切なものにしているということを表しています。
この物語では、愛とは時間と注意を惜しまずに何かに注ぐことによって生まれる価値を教えています。

私は愛犬や大切な人や物もこの通りだと思っていて、「たくさんの時間をともにするだけどんどん重要な、大きな存在になる」。もちろん短い時間でもとても大切な存在ですが、時間をかければかけるほど離れられないくらい大切になっていくと思います。


“No psychiatrist can match a puppy that licks its face.
My goal in life is to be the kind of person that dogs think I am.” – Bernard Williams

「顔をなめてくれる子犬に匹敵する精神科医はいない。自分の人生の目標は、犬に思われてるような、すてきな自分になることだ。」

子犬ほど一生懸命愛情を与えてくれる太陽の存在はいないと感じます。純粋無垢な子犬は人の心を癒してくれる大事な命であり大切な家族です。


“I never imagined that I should find so much love on Earth.” – Queen Victoria

「私はこの世界の中で、これほどの愛情を感じることがあろうとは思いもしていないし、想像もできませんでした。」

自分が信じられないほどの愛情を感じることができる出会いはすてきだなと思います。


“Dogs have a way of finding the people who need them, and filling an emptiness we didn’t ever know we had.” -source unknown

「犬は彼らを必要としている人たちを見つける術を心得ており、わたしたち自身でさえ気づいていない虚しさを埋めてくれる。」

確かにその通りだなというのが初めて聞いた時に思いました。今まで向かえたワンコ達は全て私達を受け入れてくれて、無条件に楽しませて癒やしてくれました。ただいるだけで自分では分からない何かを埋めてくれるような感じで、かけがえのない存在なんだと思いました。


“Thank you for your life. You are the love of my life. You’re my everything. I love you forever.”-source unknown

「生まれてくれてありがとう。人生であなたが一番大切なのよ。私にとってあなたが全てだよ。永遠に愛してる。」

あなたに出会えて本当に良かった。あなたは私の宝物。ずっと大好きだよ。


“Confidence is a plant of slow growth. Fear is often greater than the danger.”
-source unknown

「相手から信頼を得る、あるいは、相手を信頼するというのは、時間がかかることだ。何度か付き合ってみて、気心が知れてくる。あるいは、共感するところが出てくる。」

 

「信頼」はゆっくりと育つ植物のようなものだ。「恐怖心」は実際の危険よりも大きく感じることが多い。(でも、君と一緒ならどんな困難も乗り越えられるよ。)

案ずるより産むが易し。
だんだんと気心がしれていって気持ちが通じる感じがするので好きです

愛犬へのメッセージ 英語で伝えよう(日本語訳付き)

次は一般的によく使われているセンテンスをご紹介します。


“Have a nice life!”

挨拶などでもよく使う言葉で、親しみの意味を込めて使うことがあります。

「素敵な人生をおくってね!」という意味があります。直訳すると「良い人生を持って」ということになります。

愛犬が好きなように生きてくれればと思います。できるだけのサポートをするので、愛犬が幸せならそれで良いと思います。


“I may not always be there with you but I will always be there for you.”

忙しく一緒にいられる時間が取れない場合に
「いつも一緒にいる訳ではないけど、いつでもあなたの味方だからねと伝えます。」

大好きな愛犬ですが、四六時中一緒にいられる訳ではないので
仕事や旅行などで外出するときは、愛犬を預けたりと離れることがあります。
寂しい想いをしてはいないかと心配になりますので、
声をかけることで安心感をえます。


“Thank you for coming to me.
You have made what was a boring life the most enjoyable one I’ve ever had.”

「私のところへ来てくれてありがとう。
あなたがいることでつまらなかった人生が最高に楽しいものとなったよ。」

愛犬への誕生日に贈るメッセージで使うことがあります。
日頃の感謝と共に生きていく活力を感じます。
ペットを飼われている方々は誰しもが楽しくなっていると思いますので
感謝で一杯です。


“I like you just the way you are.
You’re my favorite dog in the world.”

「そのままの君が好きだよ。
君は世界中で一番最愛の愛犬だよ。」


“Thank you for being my family. Just having you all the time makes me happy.
Live a long time.”

「私の家族になってくれてどうもありがとう。いつもあなたがいるだけで、幸せな気持ちになれます。ずっと長生きしてね。」

家族の一員となってくれたあの日から、毎日がとても楽しくなりました。