PR

ウォーレン・バフェット氏の名言から学ぶ: 投資家の心構え

気持ち・感情

みなさんは投資に興味はおありですか?
最近日本ではよく株に関する話題が多くなっていますよね。

私は米国でRoth IRAという退職金積立口座を所有しています。
長期投資1本ですので毎日の値動きはほとんど見ていない方です。
見ない方が自分の為?

私の事はさておき、今日の本題です!

投資の世界では、感情に左右されることがしばしばあるものです。
しかし、伝説の投資家ウォーレン・バフェット氏は、そのような感情的な決定から距離を置く方法をメディアを通して私たちにたくさん教えてくれているのをご存知ですか?

それではここでウォーレン・バフェット氏の名言を通して、賢く投資するための冷静さを学べるいくつかの名言をご紹介します。

 

Risk comes from not knowing what you are doing.
-Warren Buffet
「リスクは自分が何をしているのかを知らないことから来る。」
-ウォーレン・バフェット

知識不足が最も大きなリスクを生むとバフェット氏は教えています。投資を行う前には十分なリサーチと学習が必要で、これがリスクを軽減する鍵となるわけですね。

 

It’s far better to buy a wonderful company at a fair price than a fair company at a wonderful price.
-Warren Buffet
「まあまあの会社を素晴らしい価格で買うよりも、素晴らしい会社を適正価格で買う方がずっと良い。」
-ウォーレン・バフェット

長期的な価値に注目することが重要。価格だけでなく、会社の基本的な質も考慮に入れるべきで、これが安定した投資成果をもたらすという事のようです。なるほど。。。

 

Only buy something that you’d be perfectly happy to hold if the market shut down for 10 years.
-Warren Buffet
「市場が10年間閉鎖されたとしても、全く問題なく持ち続けられるものだけを買いなさい。」
-ウォーレン・バフェット

投資は長期的なコミットメントです。短期的な市場の動向に左右されず、長期的な価値を見極めることが成功の鍵だと言っておられます。

 

The stock market is designed to transfer money from the Active to the Patient.
-Warren Buffet
「株式市場は、活発に動く人から忍耐強い人へお金を移動させるようにできている。」
-ウォーレン・バフェット

長期間にわたる忍耐が最終的には報われるとバフェット氏は説いています。急がば回れの精神で、慌てて行動することなくじっくりと投資を行うべきですと言っておられます。

 

Be fearful when others are greedy, and greedy when others are fearful.
-Warren Buffet
「他人が貪欲なときには恐れを、他人が恐れているときには貪欲を持て。」
-ウォーレン・バフェット

市場の心理を逆手に取ることができれば、他の投資家が見逃すチャンスを捉えることができます。感情に流されることなく、冷静な判断を下すことが大切だという事ですね。

 

まとめ

ウォーレン・バフェット氏の名言は、投資を行う際の心構えや戦略について多くの洞察を提供してくれるので私はいつも彼の言葉には注目しています。感情に流されがちな市場では、これらの原則が投資家を正しい方向へ導く灯台のような存在ですよね。

ただし、投資はリスクを伴います。今回のブログで紹介した内容をもとに、自分自身で情報を吟味し、自己責任で行動を起こすことが重要です。人それぞれの投資スタイルや状況に合わせて適切な判断を下すためには、継続的な学習と市場分析が不可欠ですね。

さらに、投資は一夜にして成功するものではありません。バフェット氏の助言にあるように、忍耐強く、長期的な視野を持つことが成功への鍵のようです。また、投資においては、感情に左右されず、客観的なデータと冷静な判断に基づいて行動することが求められます。

このブログがあなたの感情のコントロールに少しでも役立つことを願っています。

タイトルとURLをコピーしました